海外WiFiレンタルとは?料金・メリット・デメリットを紹介!

MENU

国際線空港のイメージ画像

海外旅行に行った際、現地でネットができると便利だと思いませんか? お店や観光スポットを調べることができるほか、日本にいる友達・家族などにメールを送ることだってできますよね。

 

海外で好きなときにネットを使いたいなら海外WiFiレンタルを利用するのがおすすめです。旅行の間ルーターをレンタルすれば、現地のおいしいレストランや観光スポットを調べることだってできます。

 

今回は海外WiFiレンタルについて料金やメリット・デメリット、おすすめの会社を紹介するのでチェックしてみましょう。


海外WiFiレンタルについて

海外WiFiレンタルとは海外で利用できるWiFiルーターを指します。モバイルルーターにはY! mobile・WiMAX・docomo WiFiなどがありますが、これらは国内でしか利用できません。

 

渡航先でスマホやノートPCからネットを楽しむなら、海外用のWiFiルーターが便利です。実は国内の携帯キャリアでも海外利用向けのプランがあるのですが、料金は高め。

 

例えば韓国で使う場合、ドコモの『海外パケ・ホーダイ』だと一日1,980円で利用できます。これは一日に25MBの通信ができるプランの料金です。もしも25MB以上使う場合は一日2,980円もかかります。

 

一方で海外WiFiレンタルの『フォートラベルグローバルWiFi』なら、一日140円で利用できるのです。しかも一日の上限は250MBとなります。

 

このことから、海外でネットの利用を考えている人は海外専用WiFiルーターの利用がおすすめ。

 

海外WiFiレンタルのメリットとデメリットを解説!

 

メリット

 

まずは手続きが簡単なことです。予約受付・端末の受け取り・返却はすべて日本国内でできます。そして次に使い方が簡単なところ。本体は基本的に電源を入れるだけでOKなので面倒な設定は必要ありません。ただし、スマホ・PC側でネットワークのパスワードの入力は必要です。

 

その他一つの端末で複数の機器がネットにつながるのもメリット。スマホ・PC・ゲームなどWiFi対応機器なら一度にネットが利用できます。

 

デメリット

 

無制限で通信できるわけではありません。ある一定の通信料を超えるとレンタル会社によっては通信ができなくなったり、通信速度が遅くなることがあります。

 

例えば先ほど例に挙げたフォートラベルグローバルWiFiの場合、通常プランなら250MB、大容量プランなら500MB、超大容量プランなら1GBの通信を一日でおこなうと、速度制限がかかることがあります。

 

グローバルWiFiの速度制限について

画像引用:フォートラベルグローバルWiFi公式サイト

 

250MBの目安はどのくらいなのかというと、YouTube動画を15分程度視聴できるほどの通信料。

 

速度制限がかかってもメールやLINEでメッセージを送信するくらいは可能です。

 

一方携帯キャリアの海外パケット定額には一日の通信料制限は設けられていません。その分料金は海外WiFiレンタルと比較し高額ということです。

 

もう一つ知っておいてほしいのが料金について。海外WiFiレンタルの料金は一日当たりいくらで請求されます。料金については渡航先によって異なるのですが、たとえネットをしない日があったとしても、レンタル期間は料金が加算されるということを覚えておいてください。

 

また、ルーターはモバイルルーターなので常に持ち歩かなくてはいけません。荷物が少し増えるといったデメリットはあります。

 

海外WiFiレンタルがおすすめの人は?

例えば友達同士で旅行に行く人です。ルーター自体は複数の端末で利用できます。一台をレンタルするだけでも複数人でネットが使えるということです。レンタル料金をみんなで割り勘できるのもメリットですね。

 

WiFiルーターは現地で借りることもできるでしょう。でも言葉がわからないと申込みのときにあたふたしてしまいますよね。あらかじめ日本で借りておきたいという人に向いています。

 

海外WiFiレンタルが向かない人は?

 

これは基本的にネットをしない人。また現地のフリーWiFiスポットを利用すれば十分という人。でも気を付けなければいけませんが、フリーWiFiなどはセキュリティの面で安全とは言えません。重要なデータが盗まれる可能性もあるので注意してください。

海外WiFiレンタルでおすすめの会社は?

海外WiFiレンタル会社はいくつかあるのですが、中でもおすすめなのがフォートラベルグローバルWiFiです。その理由をまとめてみたので見てください。

 

フォートラベルグローバルWiFiがおすすめの理由まとめ

 

料金が安い

 

フォートラベルグローバルWiFiと他社の料金を比較してみました。一ヵ国のみで利用する場合の一日あたりの料金を比較しています。

 

フォートラベル

グローバルWiFi

グローバルWiFi

イモトのWiFi

Wi-Ho!

韓国

140円(4G)

670円(4G)

680円(4G)

750円(4G)

台湾

120円(3G)/130円(4G)

670円(3G)/970円(4G)

680円(3G)/970円(4G)

590円(3G)

ハワイ

140円(4G)

970円(4G)

980円(3G)

980円(3G)

表は日本人が旅行で向かう渡航先として人気の韓国・台湾・ハワイのレンタル料金です。

 

フォートラベルグローバルWiFiは他社と比べて断然安いのがわかりますね。

 

端末の受け取りが便利

 

フォートラベルグローバルWiFiは、国内10カ所の空港でルーターを受け取ることができます。また、韓国・台湾・ハワイの空港・ホテルでも受け取ることができるのです。

 

フォートラベルグローバルWiFiの口コミを紹介!

 

実際の利用者による生の口コミも紹介したいと思います。ツイッターでピックアップしてみました。


検索の結果フォートラベルグローバルWiFiが安いという声が多かったです。これなら利用して損はありませんね。

 

国内利用ならWiMAXがおすすめ

さて海外WiFiレンタルを紹介してきましたが、皆さんは国内ではどんなネット回線を利用していますか? 自宅でフレッツ光やドコモ光などの固定回線を引いていますか? 実は国内でもモバイルルーターが便利なのです。

 

モバイルルーターが固定回線より便利な点は次の通りです。

 

  • 月額料金が安い
  • 工事費がかからない
  • 外出先でもネットが使える

 

固定回線と月額料金を比較してみた

WiMAX

フレッツ光

ドコモ光

3,411円

4,900円(戸建て)

5,200円(戸建て)

3,450円(マンション)

4,000円(マンション)

 

海外WiFiレンタルと同じようにモバイルルーターなので、利用場所を問わず料金が変わりません。

 

さらに海外WiFiレンタルだと一日の通信料制限が設けてありましたが国内で利用できるモバイルルーターには設けてありません。しかも一日当たりの金額ではなくひと月当たりの金額です。

 

メリットが多いモバイルルーター。国内ではY! mobile・WiMAX・docomo WiFiが有名どころなのですが、中でもWiMAXが料金・サービス的に一番お得です。

 

WiMAXの口コミを紹介

 

実際WiMAXを利用している人たちの声を集めてみました。


安く抑えられる。快適という意見が多く利用しやすいことがわかります。ただ、3日で10Gの制限があると口コミで言われていますよね。一日の通信料制限はないのですが3日間の制限は設けられています。

 

とは言え海外WiFiレンタルと比べると期間も通信料もたっぷり余裕があります。今回紹介したフォートラベルグローバルWiFiだと一日あたり最大1GBの通信料制限が設けてありました。

まとめ

海外WiFiレンタルについ説明してきましが、納得してもらえましたでしょうか? 現地で店を調べたり行き方を調べたりとネットは今やかかせないものです。海外WiFiレンタルを利用すれば安く・安心してネットを楽しむことができます。

 

紹介したように、レンタルするならフォートラベルグローバルWiFiが一押しです。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか? また国内でも同様に持ち運びできるモバイルルーターが便利です。WiMAXを検討するなら月額料金がお得なBroadWiMAXをチェックしてみてください。

 

月額3,000円以下の安いポケットWiFiはコチラボタン