MENU

ポケットWiFiとモバイルルーターは同じ?おすすめのサービス紹介

パソコンと猫

あなたはポケットWiFiとモバイルルーターの違いを知っていますか?
同じじゃないの?
と思っている人も多いと思いますが別物です。

 

本記事では両者の違いを解説。また、おすすめのモバイルインターネットサービスについても比較しお伝えします。


そもそもWiFiとは何か?

ポケットWiFiとモバイルルーターの違いを知る前に、そもそもWiFiとは何かを知っておく必要があります。

 

WiFiとはネットワーク接続に対応した機器を、無線を通じてルーターなどのネットワーク機器とつなぎ、インターネットをおこなう技術のこと。

 

WiFiを利用するにはWiFi専用ルーターが必要となります。WiFiを使えばスマホ・タブレット・ゲーム機などでネットが利用できるようになります。

 

無線LANとは?

 

この無線LANという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。でもどんなものなのかわからないという人も多いと思います。

 

そもそもLANとはローカルエリアネットワーク(Local Area Network)と呼ばれるもの。これは自宅や学校・会社など限定されたエリアにおいてデータ通信のやり取りをおこなうコンピューターネットワークを意味します。

 

スマホやタブレットなどのWiFi対応機器が現れる前は、LANケーブル(有線)によるLANが一般的でした。ただ、有線だと配線がごちゃごちゃして煩わしい。また、ケーブルの届く範囲でしか機器の利用ができません。そこで、より使いやすく通信をするために登場したのが無線LANです。

ポケットWiFiとは?

ポケットWiFiとはワイモバイルで提供しているモバイルルーターのことです。モバイルルーターは持ち運び可能なルーターの総称。人によってこのモバイルルーターの呼び方が異なります。ある人はポケットWiFiと呼び、またある人はWiFiルーターと呼び、WiMAXと呼ぶ人もいます。

 

でも覚えておいて欲しいのは、ポケットWiFiと言ったら、ワイモバイルの製品だということです。このことを知っていないと、例えばWiMAXに申し込みたいのにワイモバイルに申し込んでしまった、など起こりうることです。

モバイルルーターとは?

スマホやタブレット、携帯ゲーム機と言ったWiFi対応機器を家の中だけでなく、外でも使えるために登場した小型の通信機器のことです。つまり、このモバイルルーターを持っていれば、外出先でもネットが楽しめます。

 

モバイルルーターを使ったモバイルインターネットでは、次の3社がメジャーです。

 

  • UQ WiMAX
  • Y!moble
  • docomo wi-fi

モバイルルーターのメリットデメリット

モバイルルーターのメリットは何か、またデメリットは? わかりやすいように、固定回線と比較してみました。

 

モバイルルーターのメリット

 

工事の必要がない

 

モバイルルーターは端末さえあればネットにつながります。工事の必要はありません。固定回線だと工事の状況によっては利用開始まで一ヶ月ほどかかることもあります。

 

モバイルルーターなら最短申し込み当日からネットの利用が可能です。

 

その他、モバイルルーターなら工事費もかかりません。光回線などの固定回線では20,000円近い工事がかかります。

 

引っ越しでも便利

 

通常固定回線では、引っ越し先で新たにプロバイダ契約・回線工事が必要となりますが、モバイルルーターなら端末を持って行けばそれだけでOK。手間がかかりません。

 

通信速度は年々上がっている

 

例えばフレッツ光の最大通信速度が1Gpbsですが、例えばWiMAXの最大通信速度は708Mbpsです。固定回線に負けないくらい通信速度は向上しています。

 

デメリット

 

複数での利用はいまいち

 

モバイルルーターは一つしかないので、誰かが外に持ち出すと他の人はネットができません。とは言え、WiMAXではホームタイプルーターと言った、据え置き型のルーターもあるので、それを選ぶと複数人で利用することも可能です。

 

速度制限がある

 

ワイモバイル・WiMAX・docomo wi-fi各社では、速度制限が設けられています。一ヶ月間や指定の期間に一定の通信量を超えて利用すると、通信速度が落ちるといったものです。

モバイルルーターはどこがおすすめ?

結論を言うとWiMAXがおすすめです。その理由を知るためにもワイモバイルとdocomo wi-fiがおすすめできない理由を見てみましょう。

 

ワイモバイルがおすすめできない理由

 

ワイモバイルのメイン回線であるLTEは一ヶ月で7GBの通信量制限が設けてあります。この数値を超えると速度制限がかかるのです。通信量制限のないAXGP回線も利用できますが、速度の遅さと利用可能エリアが狭いため使いにくい。

 

docomo wi-fiがおすすめできない理由

 

ワイモバイル・wimaxと比べると月額料金が高額なのが、おすすめできない理由のひとつです。

 

各サービスの月額料金を比較したので見てみましょう。

 

WiMAX

ワイモバイル

docomo Wi-Fi

3,411円

5,269円

9,900円

 

 

docomo wi-fiだけずば抜けて高いですよね。

 

この他、WiMAXやワイモバイルでは月間の通信量制限がないギガ放題プランやアドバンスモードといったプランがあるのですが、docomo-wifiでは最大で30GBのプランしかありません。

 

WiMAXがおすすめの理由

 

ワイモバイルとdocomo wi-fi のおすすめできない理由を見ていただいき、納得してもらえたかもしれませんが、もう一度説明したいと思います。まずは月額料金がWiMAXはお得です。

 

WiMAXには20社以上のプロバイダがあり、各プロバイダで月額料金は異なるのですが、最安クラスのプロバイダ、『BroadWiMAX』なら月々3,411円から使えます。

 

また、月間の通信量無制限プランがあるのもWiMAXがお得な理由の一つです。ワイモバイルにもアドバンスモードと言った無制限のプランがありますが、利用できる回線ASGPの最大通信速度が110Mbpsと低速なことや、サービス提供エリアが狭いといった理由から現状使いにくいもの。

 

※WiMAXの最大通信速度は708Mbpsです。

まとめ

ポケットWiFiとモバイルルーターの違いはもうわかりましたね。あくまでもポケットWiFiはワイモバイルの製品の総称となります。

 

モバイルルーターはモバイルインターネットに対応しているルーターの総称です。

 

改めてお伝えしますが、モバイルインターネットならWiMAXが最もおすすめ。ぜひ検討してみてください。

 

月額3,000円以下の安いポケットWiFiはコチラボタン