野口体操

自宅の光回線をポケットWiFiに乗り換え

MENU

自宅の光回線をポケットWiFiに乗り換えても大丈夫?

自宅で使っている光回線をポケットWiFiに変えるのはアリでしょうか?

 

外でもネット通信をしたい

家の中だけでなく外でもネットをしたいというのであれば、ルーターを外に持ち出してネットができるのは非常に大きなメリットですよね。ですが、外にポケットWiFiを持ち出している間に家でネットを使いたいという場合はどうでしょうか。

 

この場合、ポケットWiFiはあまりオススメできません。ポケットWiFiはそれが無線LANルーターですし、通信の電波を飛ばすのは数メートルです。家を出て車でブーンと走れば家の中の人はネットにつなげることができなくなります。

 

一人暮らしの場合なら大丈夫ですが、家族での使用の場合は使いづらいかもしれません。

 

通信費用を抑えたい

光回線の場合だと大体5000円〜6000円をプロバイダ代あわせて毎月通信費を支払っているかと思います。でも、ポケットWiFiなら月4,000円以下に抑えることが可能ですし、もしauのスマホを利用している場合にWiMAX 2+を契約すればauスマートバリューで月1,000円ほど月額料金が安くなります。

 

しかも、光回線は引越し時や解約時に工事が必要です。これが有料ですので大体1万円〜2万円とられますが、ポケットWiFiなら工事不要ですから引越しが多い人はポケットWiFiのほうが気が楽です。光回線は引越しのときに工事の電話や対面が必要です。忙しい人は大変です。

 

デスクトップパソコンをメインで使う

ポケットWiFiでも無線LANだけでなくクレードルというのを使えば有線LANでもネット接続できます。ですので、デスクトップでも大丈夫です。ですが、光回線のほうが通信が安定しているのでライトユーザーではなくファイルのDLをよくする人やオンラインゲームをよくする人はポケットWiFiはおすすめできません。

 

結論

ユーザーの使い方によってオススメできますが、安定した速度が欲しい人はオススメできません!

 

 トップページへもどる